京都 嵐山の渡月橋から野宮神社を経て、

すがすがしい竹林の小路は常寂光寺、二尊院、祇王寺…

嵯峨野の名刹をつないで奥嵯峨鳥居本へと続きます。

伝統的建造物群保存地区に指定された古き美しい町並が、

山のふところに抱かれるようにして姿を現します。

嵯峨野の竹林に囲まれて、農村風の民家と端正な京町家が
ひとつの集落内で並んでたつ町並みは、全国的にも非常に珍しい風景です。

化野念仏寺裏手の竹林

太鼓の合図で一斉に松明をもって走り、
燭台に乗せて点火する方法は「鳥居形」独特のもの
毎年8/16に京の夜空に幻想的に浮かび上がります

一般の参拝者によって彫られたひとつひとつ表情の違う1200躰の「羅漢さん」

五山送り火「鳥居形」

奥嵯峨の「鳥居本」という地名は、愛宕神社の一の鳥居が
この地にあることに由来しています。

8/23.24の地蔵盆には約8000体の
石仏・石塔にろうそくを灯す千灯供養が行われます

美しい京町家と山里の素朴な風情がとけあった
静かな奥嵯峨鳥居本へ……
あなたのまだ知らない京都がここにあります

嵐山からほんの少し足をのばして、

歴史を刻んだ奥嵯峨・鳥居本の町並を訪ねてみてください。

今までとは違う京都がきっと、みつかります。

嵯峨野の風景